ネガティブすぎる風俗嬢

だけど風俗は理屈じゃないんですよね

ホームページ、そしてポータルサイトもそうですかね。口コミもここに含まれるかもしれないんですけど、インターネットに於いて名古屋ヘルスの情報はいくらでも手に入ります。先に挙げたものからいろいろな情報を入手できますので、風俗で遊ぶ際にはそれらをしっかりとチェックしているって人が多いのも頷ける話なんですけど、でもそれだけじゃないのも事実というか、やっぱりそういった情報は頼りになる一方で、すべてを明記してくれている訳ではないのも事実ですよね。だから理屈だけで考えるのではなくて、ある程度は自分の本能に任せて相手を指名してみることも大切になってくるんじゃないのかなと。だって風俗で満たすのは性欲と言う本能じゃないですか。本能を満たすためには理屈ではないと思うんです。いろいろな気持ちをぶつけられるのが風俗だと思いますので、自分だけであまり深く考えるのではなく、時には本能に委ねていろいろな形で楽しんでみるのが良いんじゃないのかなと。

悔いのないように。これが最大のテーマ

風俗のテーマは「悔いの残らないように」です。スポーツみたいですけど、でもこれが真理というかそのためにはホームページを事前にしっかりとチェックするようにしていますし、さらには何をすべきなのかなど自分でもいろいろなことを考えるものじゃないですか。ポータルサイト、あるいは口コミと言った事前に調べられるものは必ずとい良い程調べるようにしているのも決して自己満足ではなくて悔いの残らないプレイをするために必要なことなんじゃないのかなって思うんですよね。それに、悔いが残ってしまったら勿体ないじゃないですか。せっかく自分が楽しもうって思って遊んでいるのに、「やっぱりあっちの子にすれば良かった」とか「もっとこうすればよかった」と思うのは勿体ないですよ。それこそそれだけ後悔したところで時間は戻らないんです。だからこそ、悔いの残らないようにしっかりと楽しみたいって気持ちが強いんですよね。それがいわば風俗のテーマです。

言われて気付いたピンサロの魅力がある

ピンサロが大好きな友人がいるんです。その友人は風俗はほとんどがピンサロだと。だから会うとピンサロの魅力を力説してくれるんですよね。でも自分は実はピンサロは利用したことがなかったんです。それはピンサロが嫌いとかじゃなくて、近くにないんですよ(苦笑)風俗はいつも電話で呼んで楽しんでいましたので、ピンサロがというよりもお店の風俗そのものが自分にとってはかなり非日常というか。それもあってあまり利用したことはなかったんですけど、最近はその友人の勧めもあって、この前初めてピンサロで遊んだんですけど、実際に遊んで気付いたことがあるんです。それは、ピンサロほど刺激的な風俗はないんじゃないかなと(笑)これはかなり言われていたんですけど、実際に自分で体験してみることによって気付かされました。個室じゃないってことは、個室とは全然違う興奮があるんです。そしてあの興こそ、男が本能で求めるものなのかもしれないなって。